Ad collection

広告制作会社でコピーライターをしています。
気になった広告をUPしていきます。
Recent Tweets @ruru114

イシグロ

道具が多い趣味に、男は弱い。
魚と人を繋ぐ 釣り具のイシグロ


毎日、命懸けで生きている魚に、遊びで勝てるわけがない。
魚と人を繋ぐ 釣り具のイシグロ

SUNTORY 鏡月

きみと飲む、すきとおる。
きょう、きみと、鏡月。

きみと、いろいろ、ふんわり鏡月。

夏と、きみと、ふんわり鏡月。

KIRIN BITTERS

一杯目からいける
ほろにがチューハイ
「ビターズ!」

今回はコピーというより、このプロモーションが気になるから。
「とりあえず、ビール」というフレーズが当たり前のように誰もに浸透している世の中。そのビールの『とりあえず』という地位をチューハイが奪い取ろうとしているプロモーション。
どこまで本気なのかはわからないけれど、もしこの企画でその地位が変わる、あるいは人の動きに何かしらの変化があったら面白い。ちょっと見守ってみたい。

宣伝会議コピーライター養成講座 2014秋期

ことばを、キミの、エンジンに。

映画 「海を感じる時」充たされたいのはこころ。

市川由衣、好きだったなー。こんなことやっちゃってるんだなー。。ドキドキしつつちょっとショックうけてみるw

映画 「海を感じる時」

充たされたいのはこころ。

市川由衣、好きだったなー。こんなことやっちゃってるんだなー。。
ドキドキしつつちょっとショックうけてみるw

明治 明治ミルクチョコレート
しあわせをはかるものさしが、チョコレートだったら。大きなしあわせを見つけるのは、たいへんだ。だったら、小さなしあわせをいっぱい見つけたらどうだろう。たとえばチョコレートを友だちと分けあった思い出も、やさしい甘さにほっとした瞬間も。しあわせな時間じゃないか、と私たちは思うのです。調べてみると、日本人1人あたりのチョコレートの消費量は長い目で見ればゆるやかに増えているそうです。そしてきっと、食べている人たちの笑顔も。私たちはこれからも、そんなしあわせを増やしていきたいと思っています。カカオ豆からミルクまで、原材料にしっかりこだわること。ピュアチョコレートとして厳しい基準を守ること。ずっと愛されてきた伝統のレシピをもとに、製法や技術を進化させること。それがしあわせという品質を届けるための、明治ミルクチョコレートの約束。いつまでも変わらないおいしさでなければ、「ものさし」にはなれませんから。明治ミルクチョコレート since 1926 きょう、87回目の誕生日を迎えました。

明治 明治ミルクチョコレート

しあわせをはかる
ものさしが、チョコレートだったら。

大きなしあわせを見つけるのは、たいへんだ。
だったら、小さなしあわせをいっぱい見つけたらどうだろう。
たとえばチョコレートを友だちと分けあった思い出も、やさしい甘さにほっとした瞬間も。
しあわせな時間じゃないか、と私たちは思うのです。
調べてみると、日本人1人あたりのチョコレートの消費量は
長い目で見ればゆるやかに増えているそうです。そしてきっと、食べている人たちの笑顔も。
私たちはこれからも、そんなしあわせを増やしていきたいと思っています。
カカオ豆からミルクまで、原材料にしっかりこだわること。
ピュアチョコレートとして厳しい基準を守ること。
ずっと愛されてきた伝統のレシピをもとに、製法や技術を進化させること。
それがしあわせという品質を届けるための、明治ミルクチョコレートの約束。
いつまでも変わらないおいしさでなければ、「ものさし」にはなれませんから。

明治ミルクチョコレート since 1926 きょう、87回目の誕生日を迎えました。

静岡新聞

世界のことを、静岡なりに。

ユニクロジーンズのユニクロ、世界一へ。❝究極の、はきやすさ❞。ユニクロの新ジーンズ
「ユニクロの、ジーンズ」ではなく、「ジーンズの、ユニクロ」と言い切ったことがすごいと思う。それだけ自信があるということ、ジーンズ業界で世界一を目指していくという姿勢がみえてくる。それを、世界一のサッカー選手を目指すという本田圭祐の小学校卒業作文とリンクさせている。

ユニクロ

ジーンズの
ユニクロ、
世界一へ。

❝究極の、はきやすさ❞。ユニクロの新ジーンズ

「ユニクロの、ジーンズ」ではなく、「ジーンズの、ユニクロ」と言い切ったことがすごいと思う。それだけ自信があるということ、ジーンズ業界で世界一を目指していくという姿勢がみえてくる。それを、世界一のサッカー選手を目指すという本田圭祐の小学校卒業作文とリンクさせている。

はごろもフーズシールをめくるように缶を開けられる「やさし~る」やさしいって、たいせつ。いつも手軽でおいしいシーチキン。たくさんのお客さまに食べていただいているからこそ忘れてはならないもの。それが「やさしさ」でした。はごろもフーズはその大切さを噛みしめ毎日の製品づくりに生かしています。たとえば、「天然水でつくったシーチキン 純」。オイル無添加、食塩不使用でからだにやさしく、缶のリサイクルや原料の有効活用で環境にもやさしい。そして、シールをめくるように簡単に缶を開けられる「やさし~る」を採用。お子さまからお年寄りまで、誰にでも開けやすくて食べやすい、そんな工夫をはじめました。はごろもフーズはこれからもシーチキンの安全と安心を大切に育て、お客さまに愛される品質をお届けしていきます。もっとやさしいシーチキンを目指して。

はごろもフーズ
シールをめくるように缶を開けられる「やさし~る」

やさしいって、
たいせつ。

いつも手軽でおいしいシーチキン。
たくさんのお客さまに食べていただいているからこそ
忘れてはならないもの。
それが「やさしさ」でした。
はごろもフーズはその大切さを噛みしめ
毎日の製品づくりに生かしています。
たとえば、「天然水でつくったシーチキン 純」。
オイル無添加、食塩不使用でからだにやさしく、
缶のリサイクルや原料の有効活用で環境にもやさしい。
そして、シールをめくるように
簡単に缶を開けられる「やさし~る」を採用。
お子さまからお年寄りまで、誰にでも
開けやすくて食べやすい、そんな工夫をはじめました。
はごろもフーズはこれからも
シーチキンの安全と安心を大切に育て、
お客さまに愛される品質をお届けしていきます。

もっとやさしい
シーチキンを目指して。

福岡市の大名小学校の統合による閉校に伴った新聞広告
ボディの最後が秀逸。


じんせいは、小学校で学んだことの復習だよ。

ふだん、思い出すことは少ないけれど、忘れたことは一度もない。
母校とはそういうものかもしれません。この3月で大名小学校はなくなります。
だからといって、たくさんの思い出がなくなるわけではありません。
それでも「なんか寂しい」と感じるのだとしたら、その「なんか」の正体は、
きっと愛情なのだろうと思います。まさに親子の関係といっしょで、
私たちは一生、大名小学校の子どもなのですね。
どうかみなさん、ここで学んだたくさんのことをいつまでも忘れないように。
それが母校からの最後の宿題。ところで誰か、校歌の3番覚えてる?

本日、最後の卒業式。140年間ありがとう、大名小学校。